ライスマイル

ZOJIRUSHI
ライスマイル コミュニティ
ライスマイルについて

ワールドゴハンガイド

スペイン

ヨーロッパの中でも有数のリゾート地を有していて、毎年数千万人の観光客が訪れているスペイン。スペインではだいたい2時から昼食、夕食もちょっと遅めに9時頃にとるのが一般的。日本と比べるとだいたい2時間ぐらいずれているんだよ。なぜこのような食生活になるかというと、朝と昼、昼と夕の間にフランスパンのサンドイッチやタパスと呼ばれるスナック風のおつまみなどを軽食として食べているから。つまり、スペインでは1日5回も食事の時間があるんだね。

《スペインのゴハンメニュー》

おしゃれな田舎料理?パエリア

パエリア

スペインの食卓にお米は無くてはならない存在。中でもパエリアはスペインを代表するお米料理と言えるよね。パエリアはもともと、バレンシア地方の農村部から生まれたお米料理。本来は鶏、ウサギ、エスカルゴ、インゲンなど、田んぼや畑の周辺でとれるものを使って調理されていたそう。今でもベースの味つけは発祥当時と変わりなく、オリーブオイルとピメントンと呼ばれるパプリカのようなものを粉状にした調味料は必ず使われているんだよ。また、スペインの家庭ではパエリアを作るのはお父さんの役目なんだよ。

ガスパチョ

パエリアといっしょによく食べられているのがガスパッチョ。これは主に夏に食べられる野菜の冷めたいスープ。ピクニックに行く時にはサラダを食べて、ガスパッチョをすすって、パエリアで占めると言った流れが一般的になっているそうだよ。

  • ※上記は取材時点での情報です。
    内容は異なる場合がありますのでご了承ください。