ライスマイル

ZOJIRUSHI
ライスマイル コミュニティ
ライスマイルについて

五ツ星お米マイスターによる「全国各地のお米紹介」

日本全国に400種類以上あると言われるお米の品種。品種によって、粒の大きさや
食味の違いがあるの。そんな各地のお米に精通した「五ツ星お米マイスター」の金子さんが、
毎月2回、全国各地のお米を紹介するよ!

地図にクリックしてね!
金子 真人氏

金子 真人

1936年創業の米穀店、
株式会社金子商店3代目。
全国の産地を訪ね、品質や食味、
安全性や環境への取組みを基準に
厳選した50種類以上の玄米を
取り扱い、生産者の想いと共に
お届けしている。

お米の品類はこんなにあるのね♪
  • 島根県

    きぬむすめ(特別栽培米)

    きぬむすめ写真提供・協力:株式会社マルタカ

    ハーブ(レッドクローバー、クリムソンクローバー)を利用した土づくりを実践し、化学肥料を使わず、有機質肥料のみで栽培。農薬も慣行栽培の半分以下に抑え、環境に配慮したお米(島根県エコロジー農産物)です。炊き上がりは白く張りと光沢があり、ほどよい粒感とさらりとした甘みもあり、毎日食べても飽きのこない味わいです。玄米食にも。

  • 栃木県

    コシヒカリ(有機栽培米)

    コシヒカリ

    無農薬・化学肥料不使用。厳しい「有機JAS」生産基準をクリアした全国でも数少ない有機栽培米です。生物の多様性を活かした害虫防除をはじめ、自然環境の持つ力を活用した有機農法は、全国の生物多様性を育む農業の模範となっています。コシヒカリならではの粘りや甘み、うま味のバランスが良く、特に昔ながらのお米の香りが食欲をそそります。

  • 新潟県

    南魚沼産コシヒカリ(特別栽培米)

    南魚沼産コシヒカリ写真提供・協力:株式会社マルタカ

    「越の国に光り輝く」という意味を込め、昭和31年にデビュー、作付面積・生産量ともにトップの品種です。魚沼地域は、越後三山からの雪解け水が田を潤し、山間地特有の気候条件や、歴史ある米づくりの技に支えられています。炊きたては艶やかで美しく、適度な粘りと豊かな味わいで、噛むほどに口いっぱいに甘みとうま味が広がります。上品な後味が和食にピッタリなお米です。

  • 山形県

    つや姫(特別栽培米)

    つや姫写真提供・協力:株式会社マルタカ

    山形県で育成された「亀の尾」をルーツに10年の歳月をかけて開発、厳しい栽培基準や生産者認定を設け、品質・食味のレベルが高い品種です。中でもおきたま地域は、米づくりに最適な寒暖差がある盆地型気候と最上川の清流に恵まれた良食味米の産地です。炊きたての白さとツヤ、粒揃いが良く、ほどよい粘りとしっかりした粒感の後、うま味と甘みが口の中に広がります。

  • 宮城県

    ササニシキ(特別栽培米)

    ササニシキ写真提供・協力:株式会社マルタカ

    昭和38年の誕生以来、コシヒカリと並ぶ人気品種でしたが、平成5年の大冷害をきっかけに年々生産量が減少、根強いファンも多く、復活プロジェクトとして、作付け拡大に取り組まれています。ツヤも良く、あっさりとした食感で、噛んでいくと口の中でうま味が広がります。おかずの味を引き立たせてくれるので、和食との相性が良いお米です。酢飯や寿司、お米好きの方にも。

  • 北海道

    ふっくりんこ(Yes!Clean米)

    ふっくりんこ写真提供・協力:株式会社マルタカ

    平成20年の全国デビュー以来、ふっくらとしたおいしさと品質の高さを誇り、和食との相性が良く「プロ御用達のお米」としても人気の品種です。一粒一粒が大きく、ふっくら食感と滑らかな舌ざわりで、噛んでいくとほんのりとしたうま味も感じられます。上品な粘りと心地よい甘みが和食全般、特に魚介系のおかずと好相性です。育ちさかりのお子さまに。

栽培方法に関する豆知識

  • 有機栽培米
    (有機 JAS マーク)

    無農薬・無化学肥料(オーガニック)

    ※植え付けの前2年以上、栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用しないで栽培されたお米。詳しくは、有機農産物(農林水産省)をご覧ください。

  • 特別栽培米

    慣行レベルに比べ、農薬・化学肥料が 50%以下

    ※節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が 50%以下で栽培されたお米。詳しくは、特別栽培農産物(農林水産省)をご覧ください。

  • 地域独自の認証制度

    北海道 Yes!Clean、佐渡 朱鷺と暮らす郷づくり、みやぎの環境保全米 など

  • エコファーマー

    持続性の高い農業生産方式(堆肥、肥料、農薬)