お米づくりから始めよう! 象印ライスマイル農園

ごはんの素晴らしさを知ってもらうために、自分たちでお米づくりから始めよう!
そんな想いを胸に、象印社員が現地の方々の協力をえながらお米づくりをしているよ。
鳥取県日野郡にあるその水田の名前は、
『象印ライスマイル農園』。
頑張っておいしいお米をつくってみんなにプレゼントするから楽しみにしていてね♪

水田について

水田について

水田がある、鳥取県日野郡の高い標高が生む昼夜の寒暖差が、粘りのあるモチモチした食感と甘みのあるお米を育てるんだ。山間部の雪解け水は、米づくりに必要な水量をもたらすだけでなく、多くのミネラルを含んでいるから水田を豊かに潤してくれるよ。

2017年のお米づくり

田植え

田植え

5月5月昨年・一昨年に引き続き、4月に入社したばかりの象印の新入社員が中心となり、5月20日(土)に田植えをしたよ! 今年はごはんde米歌の一環で、アーティストDJみそしるとMCごはんさんも参加♪30℃を超える気温の中、みんな汗だくになりながら苗を植えたよ。秋にどんなお米が収穫できるのか楽しみだね♪

ごはんde米歌はこちらからごはんde米歌はこちらから

  • 一列に並んで田植えを開始。
    最初はおそる
    おそる田んぼの中に足を入れていたよ。

  • 田んぼに引かれた線に沿い、
    3本くらいの
    苗を植えながら進んでいくんだよ。

  • ずっと中腰の姿勢をしているのはとても
    大変。
    お米のありがたみが身にしみるね。

  • 田んぼを守るかかしづくりに女性社員が挑戦。
    頑丈なかかしをつくることができたよ。

稲の成長

稲の成長

6月6月5月は夜の気温の低下で伸び悩んでた稲も、6月に入って順調に大きくなっているよ♪稲の成長は速く、この時期は根元からどんどん分かれて増えていく「分(ぶん)けつ」が始まるの。

7月 7月肥料の吸収量を調整するために田んぼの水を落として地表を乾かす「中干し」は7月上旬で終了。天候にも恵まれ、しっかりと土の表面を乾かすことができたよ。暑い日が続き、7月末には幼穂が出始めたよ♪

8月 8月今年は天候に恵まれて稲が順調に成長しているよ。来月はいよいよ稲刈り!今は収穫に備えて田んぼの水を落とし、水田をしっかり乾かす「落水」をしているよ。たくさんのお米が収穫できるかな♪

プレゼント!

2017年に象印ライスマイル農園で収穫した「象印ライスマイル農園米2017」をプレゼントするよ♪

農薬や化学肥料をなるべく使用しない特別栽培で育った、特別栽培こしひかり。発送直前に精米するから新鮮なお米を味わってね。

象印ライスマイル農園米2017

プレゼント!

2017年に象印ライスマイル農園で収穫した「象印ライスマイル農園米2017」をプレゼントするよ♪

農薬や化学肥料をなるべく使用しない特別栽培で育った、特別栽培こしひかり。発送直前に精米するから新鮮なお米を味わってね。

象印ライスマイル農園米2017

米レージで応募して当たる!

米レージで応募して当たる!